週刊誌記者はずっと探している

週刊誌記者はカメラを携えて、民衆の求めている声に従い、民衆たちが欲しがっている情報、または民衆たちが驚く、喜ぶ、様々な反応を誘い出すようなゴシップを作り出すことで社会的情報を提供する仕事をしています。
そのために彼ら、彼女らは政治関係や芸能関係やまた世間が注目している渦中の出来事に自ら身を投じて、情報を集めていくのです。
情報を集めるためならば、関係各者の家や会社などに張り込みや直接本人のところまでお伺いしてインタビューをすることができるチャンスなどをずっと伺っています。
その優れた忍耐力と精神力、また誰にもできない羞恥心に対しての抵抗、行動力を兼ね備えていないとできない力です。
そして週刊誌に記事を作成するためにも、毎週毎週新刊が出て来るスピードに伴い新しい記事を生み出さなくてはなりませんので、情報収拾力や優れたシナリオライターの力がないと難しいのです。
週刊誌を買ってくれるお客様たちは次々と新しい記事やその記事に関してもっと知りたくどのようなことが書いてあるのかに興味津々であるため、週刊誌記者はみんなを待たせているという責任感もあるのかもしれません。
しかし、この仕事はリスクもかなり大きいのです。
何故ならばずっと張り込みをしても期待していた情報が得られなかったら、その分費やしていた時間が全く成果を挙げられなかったということになるので記者としては致命的です。
そのため、今回の記事ができなかったということもあり得ます。

TOPへ戻る