この仕事は真実を提供するだけ

世間一般に情報を提供するのが週刊誌記者

週刊誌記者は善い記事も悪い記事も関係なく世間の一般人に対して知り得たい情報を提供をするのが仕事ですが、中には真実を隠して情報操作をする人もたくさんいます。
この情報操作において真実を捻じ曲げてまで世間の人たちを賑やかそうとしている週刊誌記者には気をつけなければなりません。
またそれ自体が嘘であっても、周りが黒といえば黒、白といえば白という感じで事実をねじ曲げようとすることもできます。
なので週刊誌記事の内容がどんなにあなたの知り得たい情報を書いていようが、それが本当かどうかなのかは判断するのはあなたなのです。
このような情報操作に対しても週刊誌記者のなせる技だからこそ、もし騙されたくなかったら気をつけましょう。

正義と悪はない

この週刊誌記者という職業は先ほどにも言った通り正義も悪もなくただただ真実を貫くための記事を、または正義を悪に、悪を正義にと自分が執筆する内容によって周りの影響を大きくもたらすことができるでしょう。
そして情報操作を行うことで自分にとって都合が悪い話などがたくさんある人たちにとっては週刊誌記者の人たちと仲良くなり取り込もうとしている人たちもたくさんいるかもしれません。
それは賄賂などに近いですが、それでも彼ら週刊誌記者にとっては自分の生計を立てるための仕事、自分の仕事に対する思いなどが込められているのです。
ですからそれがどんな記事であろうが、その思いを介入することはできません。
ある意味週刊誌記者も孤独な戦いを持ちながら生活しているのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る